ユーザー様タイプ別ページ

事業案内TOP > PICK UP | ECOバインダーシリーズ

ECOバインダーシリーズ

ECOバインダーシリーズは、ストレートアスファルトと同程度の温度設定でアスファルト混合物が製造できるプレミックスタイプのポリマー改質アスファルトです。従来のポリマー改質アルファルトに比べて使用可能な温度領域が広く、30℃程度低い温度で、混合物を製造・施工できます。

ECOバインダーシリーズ施工時のイメージ

※サーモグラフィーによる温度測定データを合成

メリット
ECOバインダーシリーズのラインナップ
  • アスファルト混合物の製造に必要な燃料消費量を軽減できるため二酸化炭素排出量が約15%少なくなり、地球環境への影響を抑制できます。
  • 施工後、交通開放までの待ち時間が短くなるため、規制時間の短縮が可能となります。
  • 交通開放時に舗装内部温度が低くなるため、初期わだち掘れ量の抑制が期待できます。
  • 施工温度が低くとも十分な品質が得られることから、急速な温度低下が懸念される薄層舗装や寒冷地での施工性が向上します。
  • 使用可能時間が長いため、アスファルト混合物の供給エリアが拡大できます。
  • 従来のポリマー改質アスファルトの品質規格に適合し、同等の性能を有しています。
  • プレミックスタイプのポリマー改質アスファルトであるため、事前に品質確認が行えることから、安定的に一定の品質が確保できます。
  • プレミックスタイプのポリマー改質アスファルトであるため、添加材などの投入作業が不要です。

ECOバインダーシリーズは、通常の設定温度あるいは設定温度から30℃下げて締固めても所定の締固め度が得られます。

適用条件は特に無く、特に都市部の修繕工事など迅速な交通開放が求められる場所や、温度低下が著しい橋面舗装の基層、アスファルトプラントが近くに無い地域、寒冷期、寒冷地での施工に高い効果を発揮します。

留意事項
設計時
  • 使用目的、適用箇所の交通条件、環境条件を勘案してアスファルトの種類を選定してください。
  • 配合設計は、従来のポリマー改質アスファルトを用いて行ってください。(事前審査等により既存の資料がある場合はそれを活用してください)
  • 再生骨材を混入する場合、砕石マスチック混合物などの特殊な粒度の混合物を用いる場合は、事前に目標とする製造・施工温度で所定の密度が得られるかを確認してください。
  • 「技術資料(ハイアスG-ECO)」、「技術資料(HRバインダーECO)」、「技術資料(パーミバインダーECO)」を参照してください。
  • 寒冷期の施工で施工性改善を目的として本技術を採用する場合は、所要の密度を得るために混合温度の低減をしないなどの処置を図ってください。
施工時
  • 施工は、特別な場合を除き一般的な機械編成で同様の施工方法で行ってください。
  • 通常の加熱アスファルト舗装工事と同様に、混合物製造時、施工時に温度管理を行ってください。管理目標温度は本技術の使用目的によって異なるので留意してください。
  • 通常の加熱アスファルト工事と同様に、気温の低いときや強風時には混合物運搬時に保温対策が必要です。
  • 混合物は所定の厚さが得られるように、アスファルトフィニッシャで敷きならしてください。
  • 敷均し温度は使用目的に応じてECOバインダーシリーズの推奨温度(下表)の範囲内で設定し、この設定した温度を下回らないように留意してください。
  • ロードローラ、振動ローラ、タイヤローラ等を用いて、所要の密度が得られるよう締固めを行ってください。
  • 路面温度が十分に低下していること(一般的には50℃以下)を確認した後に交通開放を行ってください。
ECO バインダーシリーズと、弊社従来製品の推奨温度比較
一般名ポリマー改質
アスファルトI型
ポリマー改質
アスファルトII型
ポリマー改質
アスファルト
H型
製品名 ハイアスG-ECO ハイアスG HRバインダーECO HRバインダー パーミバインダーECO パーミバインダー
使用可能
混合温度
130〜185℃ 160〜185℃ 135〜185℃ 165〜185℃ 135〜185℃ 155〜185℃
敷きならし温度 120℃以上 160℃以上 120℃以上 165℃以上 120℃以上  150℃以上
初期転圧温度 110℃以上 140℃以上 110℃以上 150℃以上 110℃以上 140℃以上
二次転圧温度 90℃以上 110℃以上 90℃以上 110℃以上 70〜90℃以上 70℃程度

代表性状 ポリマー改質
アスファルトI型
(舗装設計施工指針)
ポリマー改質
アスファルトII型
(舗装設計施工指針)
ポリマー改質
アスファルトH型
(舗装設計施工指針)
ハイアスG-ECOハイアスGHRバインダーECOHRバインダーパーミバインダーECOパーミバインダー
代表的性状標準的性状代表的性状標準的性状代表的性状標準的性状
軟化点 (℃)5350.0以上58.056.0以上88.580以上
伸度 7℃ (cm)3730以上----
伸度 15℃ (cm)--100+30以上100+50以上
タフネス 25℃ (N・m)125.0以上25.68.0以上28.720以上
テナシティ 25℃ (N・m)82.5以上17.84.0以上--
針入度 25℃ (1/10mm)5540以上4840以上5540以上
薄膜加熱質量変化率 (%)0.20.6以下0.030.6以下0.020.6以下
薄膜加熱後の針入度残留率 (%)78.265以上81.365以上85.565以上
引火点 (℃)330260以上322260以上318260以上
お問合わせ
  • お電話でのお問合わせ
  • お問合わせフォーム
  • 最寄りの事業所まで
ページトップへ