TOP > 東亜と道路の歴史

東亜と道路の歴史

  • ~1930年代
  • 1940年代
  • 1950年代
  • 1960年代
  • 1970年代
  • 1980年代
  • 1990年代
  • 2000年代

創立

大正、昭和、平成。80年、日本の道を造り続けてきた東亜道路工業の黎明期。
ビチュマルスで舗装された道路(1928)

ビチュマルスで舗装された道路(1928)

1930年(昭和5年)日本ビチュマルス株式会社を設立。

日本ビチュマルス株式会社(現・東亜道路工業株式会社/1951年に改組) の設立は、昭和5年11月28日。前身となった日本液体アスファルト工業株式会社の営業資産を継承する、日米合弁会社として誕生。アスファルト乳剤「ビチュマルス」の製造販売会社でした。

横浜工場(1929)

横浜工場(1929)

大阪工場(1934)

大阪工場(1934)

日本ビチュマルス(株) 本社(1930)

日本ビチュマルス(株)
本社(1930)


創立前史

コンクリートやコールタールが使われていた日本の道路に舗装用乳剤を初めて輸入・紹介したのが、東亜道路工業の母体である太平洋貿易合資会社(大正5年設立) です。道路用 アスファルト乳剤の導入によって簡易に舗装できる技術として発達し、大正12年に起きた関 東大震災後の復興事業では大きな役割を果たしました。その後、昭和3年に、アスファルト 乳剤「ビチュマルス」の販売元である米国International Bitumen Emulsions Corporation (IBE) 社と提携して、日本液体アスファルト工業株式会社が誕生し、本格的にビチュマルス の製造販売が始まりました。

昭和初期の道路

・クリックすると映像が再生されます。音が出ますので音量にご注意ください。
・ダウンロード版(wmv形式) をご覧いただくには、Windows Media Player が必要です。

昭和初期日本の道路舗装風景

牛を引いて歩いている人達がいるなか、つるはしで道路を掘り起こし、ペリカン(じょうろのような乳剤散布器) でアスファルト乳剤舗 装を施工しています。当時としては道路舗装技術の最先端でした。

ダウンロード版はこちら

昭和初期アスファルト乳剤製造

当時1m²当たり1円で舗装できたことから「1円舗装」のキャッチフレーズで売りに出されていたアスファルト乳剤のビチュマルス。

ダウンロード版はこちら

昭和初期のアスファルトプラント

当時、加熱合材混合用に使用していたアスファルトプラント。

ダウンロード版はこちら

時代背景
1923年
関東大震災
1924年
道路法成立
明治神宮外苑舗装着手
1926年
世界大恐慌
1930年
東京・大阪・横浜に日本初の自動式公衆電話が登場。
東京・日比谷交差点に初の自動交通信号登場。
1931年
満州事変
わが国の道路事情

大正8年4月11日に道路法が公布され、道路整備 が進められるようになりました。当時の東京市内の 自動車数は1万台程度でしたが、ほとんどの箇所 が砂利道で、車がかき立てる泥と埃が問題となって いました。

雑誌「道路の改良」

雑誌「道路の改良」(昭和3年10月) に掲載されたビチュマルスの広告


昭和初期の道路

東京丸の内

東京丸の内 東京丸の内

東京目黒町

東京目黒町 東京目黒町

神奈川六郷橋

神奈川六郷橋 神奈川六郷橋

横浜正金銀行前

横浜正金銀行前 横浜正金銀行前

山下町本町通

山下町本町通 山下町本町通

山下町水町通

山下町水町通 山下町水町通


ページトップへ