東亜道路工業 ニュース

TOP > ニュース > プレスリリース > 独占禁止法違反に関する再発防止策について

ニュース

独占禁止法違反に関する再発防止策について

2016年4月11日 14:10

当社及び当社関係者は、平成28 年2 月29 日、東日本高速道路株式会社東北支社が発注する
東日本大震災に係る舗装災害復旧工事の入札に関し、独占禁止法違反の容疑により、東京地方検察庁から
起訴されました。
このような事態に至りましたことは誠に遺憾であり、株主の皆様やお取引先をはじめご関係者の皆様には、
多大なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。
当社といたしましては、事態の重大性を厳粛に受け止め、一日も早く信頼を回復するよう努めるとともに、
今後ともコンプライアンス経営の徹底に努め、形骸化することのないように常に検証を行い、
実効性のあるシステムを構築・維持し、広く社会から信頼され続ける企業を目指してまいります。
そのための当社における再発防止策について、その概要を下記のとおりお知らせいたします。 

 

 独占禁止法違反に関する再発防止策について

ページトップへ