スポーツ施設

投てき台を確実に固定できる固定金具を当社が国内初の設置を行いました

ICT施工とは、情報通信技術(ICT)を建設施工に活用して、高い生産性と施工品質を実現する新たな施工システムです。ICTにより建設機械の動きをmm単位で制御することで、施工の品質や出来型の精度が高まります。また、建設機械の制御に用いる設計データを、出来形の検測にも活用しています。

第1種公認からトレーニング場までさまざまな陸上競技場を施工しています。

芝丈が5~7cm程度と長めで、隙間に充填剤(じゅうてんざい)が埋め込まれている人工芝。 クッション性に優れており天然芝に近い性質を持つが、施工に手間がかかる分、価格が高い。 メンテナンスは充填材のコンディション維持に手間が掛かる一方、初期性能を維持しやすいメリットもある。 サッカー・ラグビー場、アメリカンフットボールおよび野球場でも多用されている。

人工的に製造した疎水性のオイルサンドを現地土等と混合し、独自の工法を加味することで、従来のクレイ舗装に比べ降雨時の回復力を、格段に向上させました。

石灰岩のスクリーニングスにソイルバインダーを混合したライムサンド。これを天然の良質土と混ぜることによって、クレイ舗装の良さをそのまま生かしながら、性能を向上させることができます。

緑色変成岩を細かく粉砕したグリーンエースは、表面安定剤の効果的な働きにより砂塵がたちにくくなっています。適度な弾力性で足に優しく、また天然材のおだやかで美しい色彩は目に優しい効果を発揮します。

全天候型ハードコートの普及品です。コストを抑えた上にカラーバリエーションも豊富なタフなコートです。

ゴム粉末を樹脂エマルジョンの結合材で固化したラブクッション層を持つ合成ゴム系コートです。用途面でもソフトコートの汎用タイプで普及品です。

ゴムチップを骨材としてリサイクル利用して、1液性のウレタンバインダーで固化した透水性ソフトコートです。下地のアスファルト舗装も透水タイプにすることで、排水性が一層高まります。

砂入り人工芝として最も改良された高級品です。特に、ナイロン繊維の使用で天然芝に近い感触が得られ、特に耐磨耗性能が向上しています。

クレイコートは日本のプレイヤーには古くから親しまれている土系コート。維持管理が行き届いたクレイコートはスポーツとしてのテニスの奥深さをよく知っている人だけがわかるものです。

日本国内すべての競輪場走路は、アスファルト乳剤をベースとした着色舗装材「ウォークトップ」で保護シーリングされています。 これによりアスファルト舗装面の劣化をおさえ、安全で目にやさしい走路になります。

ウォークトップの基本性能に加え、バインダーに特殊アスファルト乳剤とアクリルエマルジョンを使用しているため、走路をきわだたせるより明るく鮮やかな色調が特徴です。

アートティエラ・SOFT は、バーク(樹皮)と砂の天然素材を主原料として自然な感じ を表現する景観舗装です。

お電話でのお問合せ

営業本部 03-3405-1813 03-3405-1813
受付時間:月~金 9:00~17:00