先輩紹介

「お客様と関係を築く営業の醍醐味と、現場に参加する楽しさの両方が味わえる仕事。」横浜工場 製品営業 岡田 芳 横浜工場 製品営業 岡田 芳

READ MORE

お客様と関係を築く営業の醍醐味と、現場に参加する楽しさの両方が味わえる仕事。

仕事をしていて気持ちいい瞬間・感動する瞬間とは?

製品営業のクライアントは主に施工会社や商社です。経験を積むにしたがってお客様から専門性の高いご相談を受けるようになり、より深く仕事の楽しさを感じるようになりました。入社後にゼロから製品や容量計算を覚えてきたので、今、工事内容を踏まえてニーズを把握できること、提案に対して「そういうのが欲しかった」と言っていただけることが嬉しいですね。
当社の「製品」は道を造る材料ですから、モノを売るだけでなく、決まった時間に、その時使う数量ずつ、現場に搬入するのが仕事です。インフラ工事の進行に関わり、かつ搬入に特殊車輛が何台も必要になることもあるので、工程を理解した先読み力や調整力が欠かせません。お客様に後悔だけはさせたくないと思い、先手先手で動くよう心掛けています。
製品営業は、「営業職」ですが、製品性能を十分発揮させるため施工に立ち会うことも少なくありません。工事の現場自体が面白いですし、そこでオフィスとは違うお客様の顔が見られたり、信頼関係が深まって次の仕事につながったりする感覚も、この仕事の面白さだと思っています。

image

就活生へのメッセージ

東亜道路工業の仕事は、インフラを構築する一員として社会に貢献できる仕事です。しかも仕事をする上で個人の裁量が認められいるので、のびのびと働くことのできる会社です。一部上場企業でありながらも、個人の考えを発信しやすい環境だと感じています。上司はもちろん本社・支店の方々も若い社員をすごく気にかけてくれていて、本社で役員の方々に会えば親しく声をかけてくれますし、会食で新入社員が支社長の隣であたり前に笑っていたりもします。自分が思っていることを直接伝えられて、誠実に答えてもらえる職場だからこそ、窮屈さがなく、自分らしく働けるのではないでしょうか。

「誰かのためになる仕事。身近に尊敬できる人がいて、自分で考えて動ける会社です。」東京支店 施工管理 藤﨑 巧磨 東京支店 施工管理 藤﨑 巧磨

READ MORE

誰かのためになる仕事。
身近に尊敬できる人がいて、自分で考えて動ける会社です。

仕事をしていて気持ちいい瞬間・感動する瞬間とは?

以前に担当した市道工事で、事前測量を済ませて現場の準備をしていた時、隣接する民家のおばあさんから「お茶でも飲んで」と声を掛けていただいたことがありました。雪が降る中わざわざ車庫にテーブルと椅子を並べ労をねぎらって下さったあの温かさは、心に沁みました。入社前はインフラ工事は目立たない仕事だと思っていましたが、利用する方やお客様から感謝の言葉をいただけることが往々にしてあります。誰かのためになる仕事ができることを誇りに思います。
私は負けず嫌いで、早く一人前になるために多くの現場を経験したいと考えていました。ですから、この会社で早いうちから短いスパンの工事を沢山経験できたことはすごく勉強になりました。校舎改修工事との調整を図りながら進める小学校のグラウンド改修工事、工事区間3kmに及ぶ下水道仮舗装の本復旧工事などありました。それぞれに違う対応力が求められ、その都度学びながらスキルアップしてきました。現在は、1年掛かりの国道の舗装打換え工事に現場代理人として従事しています。今までにない経験なので、終わった後にはこれまでにない達成感があるはずだと楽しみにしています。

image

就活生へのメッセージ

大学では建築を専攻していましたが、道路舗装による騒音の違いを調査したことがきっかけでインフラに興味を持ちました。当社のような独立系の道路舗装会社は珍しく、入社してからは職場の風通しの良さを感じています。上司や先輩は気さくな人ばかりですし、定期的に行われる意見交換会では、会社に対する想いや考えを役員と自由に話し合うことができます。仕事でのサポートも手厚く、頑張った分だけ評価していただけている実感があります。尊敬できる方が身近にいて、かつ自分で考えながら行動できるこの環境は、施工管理者としても社会人としても成長できる場ではないかと思っています。

「仲間たちの姿を原動力に、裏方として、インフラづくりを支える役割です。」管理部 経理事務 宮﨑 優大 管理部 経理事務 宮﨑 優大

READ MORE

仲間たちの姿を原動力に、裏方として、インフラづくりを支える役割です。

仕事をしていて気持ちいい瞬間・感動する瞬間とは?

営業所のみなさんの困り事を解決して感謝されたり、町で当社が施工した物件を見て誇らしい気持ちになったりするような日常に、居心地の良さを感じます。そして何より、上場企業の経営指標の一部に自分が携わっていることにやりがいを感じています。
管理部は、勤務する事業所の売上・原価計算や経費の審査といった経理業務にとどまらず、職場環境の整備や備品調達など事務の全般を担います。しかも私が勤務する営業所は、同じ建物に工場があるので、「工事」と「製造」という異なる基準に則った計算が求められます。しばしば自分で判断することが必要なタイミングもあるので、教わってきたことを土台にしながら、自分なりにより良い方法を模索しているところです。
私はもともと道路のようなインフラの会社を裏方として支える仕事がしたいと思っていました。営業所のみなさんが現場で頑張っている姿を原動力に、少しでも彼らの力になれるよう、また事業所全体がきちんと評価してもらえるようにと思いながら仕事をしています。

image

就活生へのメッセージ

営業部門は仕事を作り出して売上をつくり、工事部門は目的物を完成させて利益を生み出します。その点管理部は目立つ仕事をしていないように思えるかもしれません。しかし、他部門の人たちが頑張った成果を数字に表すという、非常に大切な仕事を担っています。また、部門をまたいで仕事をすることで、良い点・改善すべき点を俯瞰できるのも管理部の特徴だと思います。そうして得た経験と知識をフル活用して、会社と働く環境を良くすることを考える仕事であり、東亜道路工業は提案や実現のチャンスがある会社です。やる気と熱量次第でやりがいを見出すことのできる、魅力ある会社だと思っています。