タフシャット防水工法

橋面防水工法

橋面防水は、シート系防水層・塗膜系防水層・舗装系防水層の3種類に大別でき、当社ではシート系防水層として3種類の防水工法が存在します。
タフシャットI型—シート系流し貼り型床版防水工法
タフシャットIII型—シート系常温粘着方床版防水工法
タフシール-塗膜系アスファルト加熱型床版防水工法

特長

●橋梁床版に水を浸透させない不透水性に優れています。
●コンクリート床版に発生した場合のクラックに対する追従性に優れています。
●車両の発進・停止等による力学的作用に対し、十分な抵抗性を有しています。
●橋梁床版および舗装との接着性に優れています。
●施工性に優れています。
●耐塩水性等の化学的安定性に優れています。

用途

道路橋・歩道橋などの橋梁床版防水

資料ダウンロード

一覧へ戻る

お電話でのお問合せ

建設事業本部 03-3405-1813 03-3405-1813
受付時間:月~金 9:00~17:00