ECOバインダーシリーズ (NETIS登録№ KT-100013-V)

中温化舗装用ポリマー改質アスファルト NETIS

CO2を削減。環境にやさしい改質アスファルト。

「ECOバインダーシリーズ」は、ストレートアスファルトと同程度の温度設定でアスファルト混合物が製造できる、環境にやさしいプレミックスタイプの改質アスファルトです。従来の改質アルファルトに比べて使用可能な温度領域が広く、30℃程度低い温度で混合物を製造・施工できるため、これまで骨材加熱に必要とした燃料消費量、二酸化炭素(CO2)の排出量が削減できます。また、従来の温度領域でも製造・施工が可能なので、寒冷期における施工性改善、輸送距離の延長、再生骨材の配合率の増加などの目的にも使用することができます。
ストレートアスファルトタイプのLCバインダーECOもあります。

特長

●アスファルト混合物の製造に必要な燃料消費量を軽減できるため二酸化炭素排出量が約15%少なくなり、地球環境への影響を抑制できます。
●施工後、交通開放までの待ち時間が短くなるため、規制時間の短縮が可能となります。
●交通開放時に舗装内部温度が低くなるため、初期わだち掘れ量の抑制が期待できます。
●施工温度が低くとも十分な品質が得られることから、急速な温度低下が懸念される薄層舗装や寒冷地での施工性が向上します。
●使用可能時間が長いため、アスファルト混合物の供給エリアが拡大できます。
●『ECOバインダーシリーズ』は、従来のポリマー改質アスファルトの品質規格に適合し、同等の性能を有しています。
●『LCバインダーECO』は、ストレートアスファルトの品質規格に適合し、同等の性能を有しています。
●プレミックスタイプの改質アスファルトであるため、事前に品質確認が行えることから、安定的に一定の品質が確保できます。
●プレミックスタイプの改質アスファルトであるため、添加材などの投入作業が不要です。

用途

適用条件は特に無く、特に都市部の修繕工事など迅速な交通開放が求められる場所や、温度低下が著しい橋面舗装の基層、アスファルトプラントが近くに無い地域、寒冷期、寒冷地での施工に高い効果を発揮します。

● 製造温度低減(燃料消費の低減によるCO2の削減)
● シックリフトなどの厚層施工の交通開放時間短縮
● 夏季の初期わだち抑制
● 薄層舗装の締固め効率の向上
● 寒冷期における施工性の改善
● 運搬距離の延長
● 再生骨材の配合割合の向上あるいは施工性低下の改善

資料ダウンロード

関連する技術・商品

一覧へ戻る

お電話でのお問合せ

製品事業本部 03-3405-5011 03-3405-5011
受付時間:月~金 9:00~17:00