橋面防水材

タフシール・プラス複合防水工法は、アクリル樹脂系浸透型防水材 (シビルスター R) とアスファルト加熱型塗膜防水材 (タフシール) を組み合わせた複合防水工法です。

タフシャットI型は、床版面の不陸に対しても施工性が良く、養生時間の短いシート系流し貼り防水工法です。

タフシャットIII型は、シート系と加熱アスファルト塗膜系防水の特徴を生かした常温施工型のシート系防水工法です。

タフシールは、床版面の不陸に対しても施工性良く、養生時間の短い加熱アスファルト塗膜系防水工法です。

シビルスターは、鋼床版、コンクリート床版用の溶剤系接着剤です。

タフシャット導水テープは、道路橋の舗装体を通過した雨水が、防水層上に滞水し、舗装の剥離現象を発生させ、ポットホールや破壊の原因にならないよう排水を促進させる為の導水テープです。

お電話でのお問合せ

製品事業本部 03-3405-5011 03-3405-5011
受付時間:月~金 9:00~17:00