樹脂系

TOAの「EGカラー」は、古くなったアスファルト舗装やコンクリート舗装を簡単にカラー化し、新しい舗装のように若返らさせることができる塗料です。長年TOAが培ってきた自転車競技場コーティング材の技術をベースに開発された「EGカラー」は、耐久性に優れ、ハイグリップで安全な路面を提供します。ローラバケなどを使い簡単に施工ができるため、専門技術者を必要としません。

型押しとコーティングにより、アスファルト舗装の表面を、石畳やれんが敷きのように美しく加工する工法です。様々なデザインパターンのカラーの組合せによって、美しい景観を実現します。

透水性レジンモルタルシステム工法は、高性能樹脂バインダーと特殊粒径の細骨材を混合した透水性樹脂モルタルを、排水性舗装の表面の間隙に充填する工法です。透水性を維持したままで、排水性舗装の路面を強化します。

眠気防止のため横断方向へ溝を入れ聞き覚えのあるリズムを刻ませたり、低速を促す箇所へ突起をつけたり、夜でも見やすいように反射させたりする舗装で、ドライバー注意喚起するためいろいろな舗装があります。

自然石やインターロッキングブロックなどを用いたブロック舗装の「強化基盤工法」です。基礎に厚さ3cm程度の砕石層を設け、舗設後に「QT材(ポリマー入り特殊セメントアスファルト混合物)」を浸透させることで、自動車などの交通荷重に十分耐えきれるブロック舗装を可能にします。

TOAのヒートシールド(遮熱性舗装)は、アスファルト舗装の路面上に遮熱性塗料を散布する工法です。遮熱性舗装は、日射エネルギー量の約半分を占める近赤外線を高反射することによってアスファルト舗装の熱吸収を抑えて、路面温度の上昇を抑制する働きがあります。

TOAのネイチャーコートSTは、より自然石に近い風合いを目指した、環境にやさしい水性ポリエステルエマルジョン系常温薄層舗装です。 素材にセラミック骨材を使用することにより、落ち着いた柔らかな色調と自然石の質感をもつ舗装が実現します。

TOAのネイチャーコートARは、土・砂の風合いを目指した、環境に優しい水性ポリエステルエマルジョン系常温薄層舗装材です。 素材に天然骨材を使用することにより、自然な色調と落ち着いた柔らかい質感をもつ舗装を再現します。

CSコートは、美しいカラー舗装で自転車レーンの視認性を高めることはもちろん、色が見えにくくなる夜間には、再帰反射効果によりドライバーに注意喚起を促します。素材の持つ適度なすべり抵抗性とともに、自転車の走行空間の安全性を高める自転車レーン対応のカラー舗装です。

基層上にエポキシ樹脂を塗布して、まだ固まらない状態の上から骨材を散布する工法。骨材が基層上に固定された形となるので、耐久性に優れた滑り抵抗性のある路面が得られます。

厳選された天然玉砂利を特殊樹脂で結合させたもの。透水性にも優れ、素晴らしい耐久性を実現しました。

ウォークソフトは各種のゴムチップと特殊ウレタンバインダーの混合物を敷き均して硬化した、クッション性と透水性に優れた舗装です。

全天候型ハードコートの普及品です。コストを抑えた上にカラーバリエーションも豊富なタフなコートです。

ゴム粉末を樹脂エマルジョンの結合材で固化したラブクッション層を持つ合成ゴム系コートです。用途面でもソフトコートの汎用タイプで普及品です。

ゴムチップを骨材としてリサイクル利用して、1液性のウレタンバインダーで固化した透水性ソフトコートです。下地のアスファルト舗装も透水タイプにすることで、排水性が一層高まります。

パッチグーは舗装に発生したポットホール、段差修正等の小規模補修を目的として開発された特殊アクリル樹脂系路面補修材です。

お電話でのお問合せ

営業本部 03-3405-1813 03-3405-1813
受付時間:月~金 9:00~17:00